2011年10月07日

『テイルズ オブ グレイセス (Wii)』の感想

『テイルズ オブ グレイセス (Wii)』の感想

  『テイルズ オブ グレイセス (Wii)』 (バンダイナムコ)発売日2009年12月10日
 ジャンル:(アクション風)コマンドRPG
 原画:いのまたむつみ
 シナリオ:

 プレイ期間2011年09月18日〜2011年10月03日(37時間程度)
同時進行中だったゲーム:無し

 
  <はじめに>

・テイルズ オブ エクセリアがまぁまぁ面白かったので続けて評判の良いグレイセスをプレイ
 ・Wii版を選択した訳はWiiの起動をPS3以上にしていない事とWii版のコストパフォーマンスの為
 
 

   
 <構成> --
 
 <シナリオ・ストーリー> 85点

 ・王道ファンタジーJRPG
 ・約2年前の作品なのにエクセリアより、かなりマシ
 ・ただ必要とはいえ幼少期編で少しキブアップしそうに
 ・無知識で遊んだ場合幼少期編を超えられないとギブアップも有り得るかも。
 
 

 <戦闘システムについて> 90点

 ・基本戦闘シーンはこの視点になってからは変わらないかな?と思う。
 ・称号でのスキル習得システムは過去にFFシリーズ等で有ったものの良いものは良いって事で◎
 ・称号システムは嵌る要素大
 ・攻撃属性システムは古いけど良いものは良い。
 
 
 <絵・キャラクターについて> 80点

  ・新作のエクシリアと比較してだがPS3の性能の割りにエクシリアのモデリングが微妙だったのにグレイセスは低性能のWiiなのに良い感じに仕上がっている。
 
  ・設定の方 
  ・基本的に突き詰めると全員変人。だが基本は子供向けなのでこれで良いのでしょう。大人から見ると変な人達の集まりですけど(^^;
  ・パスカルに好感。教官が影が薄くて何の為存在しているか不明な位で他は良。
     

 
 <総評> 91点


・エクセリアが陳腐に見えるほどの良作に仕上がっている。
 ・やり込み要素も多すぎなほど。
 ・エクセリアがokならPS3版グレイセスFなりプレイ推奨。

  
シナリオ     85点(王道RPG)
キャラクター・絵 80点(好き嫌いが分かれるタイプです)
音楽       80点(耳障りでは無いと思う)
システム   90点(プレイヤーのレベルに合わせられるシステム)
斬新さ     80点(無いが古きを良しとすれば

 
 総合 91点。一度僕みたいに嫌い(テイルズシリースの事)になってプレイを敬遠していたなら2011年でも推奨できるレベル。名作かも。


 総合点の目安。
 ※50点=最低点 悪いか別に何も感じない。
 ※60〜70点=特に感心はしない。
 ※80点〜読破お勧め
 ※90点〜なにがしか光る物がある年間ベストに入るほどの作品。
 ※95点〜保存版確定。(80点以上の場合保存版確定の場合有。 


posted by コー at 10:19| 千葉 🌁| コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

『テイルズ オブ エクシリア (PS3)』の感想

『テイルズ オブ エクシリア (PS3)』の感想

  『テイルズ オブ エクシリア (PS3)』 (バンダイナムコ)発売日2011年09月08日
 ジャンル:インタラクティブムービーRPG
 原画:いのまたむつみ・藤島康介
 シナリオ:

 プレイ期間2011年09月08日〜2011年09月17日(シュード編・31時間50分)
同時進行中だったゲーム:無し

 
  <はじめに>

・テイルズ オブ シンファニア(GC版かPS2版かは忘れたけどプログラミング技術が見るに耐えなくてGive up)で冒頭で即Give upして依頼の購入。
 ・以来テイルズシリーズ未プレイでした。
・PS3起動は約18ヶ月ぶりです(´・ω・`)どんだけ据え置き終わってるんだ?
 
 

   
 <構成> --
 
 <シナリオ・ストーリー> 70点

 ・王道ファンタジーJRPG・ジュード編とミラ編が有り一部ザッピング。
 ・王道JRPG好きならお奨めできる
 ・世界観については中盤でまさかの覇王大系リューナイトネタ的展開が…。
 ・精霊殻を破って敵が出てくるシーンとかまんま(´・ω・`)
 ・終盤が短いです。ライターが息切れしたか?

 

 <戦闘システムについて> 80点

 ・この視点になってからは僕は初めてのプレイです。
 ・ノーマルレベルだとボタン押すだけの簡単バトル(ボス戦でも食事とか食えば楽々)
 ・一見アクション風だけどノーマルレベルだとコマンド選択式RPGです。
 ・下手な人でも爽快なプレイは出来る。

 
 <絵・キャラクターについて> 70点

  ・絵はPS3にしてはモデリングが粗いです。
  ・僕はキャラデザで『いのまたむつみ』キャラは好きじゃないのですがアニメや窓枠絵の方は藤島調になっていた気がする。

  ・設定の方 
  ・『揺るぎなき信念のRPG』が今作のキャッチフレーズだけどジュードは終盤まで信念なんて物は感じられず、どちらかというと惚れた女にグダグダ付いて行ってる感じが凄かった。 世界の為にと言いつつミラに一目惚れしたから付いて行ってる感じ。更に戦闘毎に戦いたくない様な台詞をクドイ位言いつつ戦闘するので好きに成れないキャラの一人
  ・ミラの方も信念があると思えず(元々の考えが植え付けの為信念と言うより妄執に思えてしまう)
  ・ただ、実は最初ミラでプレイ始めたんだけど元々人外の上に技が後衛寄り中衛って感じなのでジュードを使用しました(´・ω・`)
  ・アルヴィンが冒頭から裏切っているのはみえみえなんだけどバレてからも、数え切れない程裏切るので最後まで好きになれず(って言うか許し続ける主人公達にもイライラ)
   

 
 <総評> 85点

・最近JRPGやってないならお奨め出来るし楽しめると思う。
 ・ただ別主人公で二回もやるにはシリーズ愛とか必要なのでジュード編を先にやるのを推奨します。(ミラ編は一部重要イベントが見られない為)

  
シナリオ     70点(王道RPG)
キャラクター・絵 79点(好き嫌いが分かれるタイプです)
音楽       80点(耳障りでは無いと思う)
システム   80点(プレイヤーのレベルに合わせられるシステム)
斬新さ     70点(無い( ̄ヘ ̄;)

 
 総合 85点。テイルズシリーズファンを除いて最近JRPGをやっていないなら推奨。良くも悪くも普遍的和製RPGです。

 総合点の目安。
 ※50点=最低点 悪いか別に何も感じない。
 ※60〜70点=特に感心はしない。
 ※80点〜読破お勧め
 ※90点〜なにがしか光る物がある年間ベストに入るほどの作品。
 ※95点〜保存版確定。(80点以上の場合保存版確定の場合有。 
posted by コー at 21:42| 千葉 ☀| コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

『ブラック★ロックシューターTHE GAME(PSP)』の感想

51U9b.jpg

『ブラック★ロックシューターTHE GAME (PSP)』の感想

 『ブラック★ロックシューターTHE GAME』 (イメージエポック)発売日2011年08月25日
 ジャンル:インタラクティブムービーRPG
 原画:huke
 シナリオ:

 プレイ期間2011年08月25日〜2011年09月07日(12時間10分・ノーマルエンド迄、二週目・ベターエンド未プレイ)
同時進行中だったゲーム:多数。

 
  <はじめに>

・シュタインズ・ゲートで一躍メジャーになったhuke氏キャラクターデザイン。
 ・現在OVA発売中。TVアニメ化決定?
 ・テイルズ オブ エクシリア発売の前に一度終わらせたいので全6ステージ中4ステージは2日ほどでまとめてプレイしました。
 

   
 <構成> 80点

・全6ステージ・ミッションクリアー進行型。
 ・一周目はノーマルエンドしか見られず、二周目にベターエンドが見られる。

    
 <シナリオ・ストーリー> 70点

 ・OVA版とは違い終末の地球の話。人類の残り12人って設定から始まる。
 ・人類の残り12人は全員男で、始まる前から終わってるじゃないかーとか最初思いました(^^;
 ・BRS・ステラはクローン人間と言う設定。
 ・専門用語が色々と出てくるが説明はほとんど無い。


 <戦闘システムについて> 80点

 ・一番近いのがFFVIIからタイムゲージを無くしたコマンド入力のRPGって感じだと思う。
 ・回避も出来るんだけどシビアでアクション制がこの部分だけ有る。
 ・ステージ2のみアクション系のバイクゲームが有るので注意(記憶型で全3ステージ)
 ・色々なミッションを達成すると能力やイラストギャラリー等コンテンツが開放されるシステムです。
・FFXIIIみたいな一本道のRPGです。

 
 <絵・キャラクターについて> 75点

  ・今が旬のhukeさん原画。
  ・PSPの描画能力にしてはキャラ・背景共にモデリングは頑張っていると思う。
         
 

 <総評> 75点

・短いのと慣れてしまうと単調なのがネック。
 ・だけどそれなりに遊べました。(当方BRSはOVAを1回チラ見した位のレベルです)

  
シナリオ     75点(終末物は好きなのですが中盤から2人劇になるんで)
キャラクター・絵 79点(好き嫌いが分かれるタイプです)
音楽       70点(特に印象は残らなかった)
システム   70点(悪くは無いんだけど万人に薦められず)
斬新さ     70点( ̄ヘ ̄;
 

 総合 75点。終末物が好きでキャラデザも好き、世間で言われてる単調なシステムも悪く感じないけど世界観の説明不足や謎がぶん投げ状態なので減点せざる得ない。でも僕は嫌いじゃないです。

 総合点の目安。
 ※50点=最低点 悪いか別に何も感じない。
 ※60〜70点=特に感心はしない。
 ※80点〜読破お勧め
 ※90点〜なにがしか光る物がある年間ベストに入るほどの作品。
 ※95点〜保存版確定。(80点以上の場合保存版確定の場合有。 
posted by コー at 11:46| 千葉 ☁| コンシューマゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。